夜のNHKのテレビで4月からの医療制度改革
(とりわけ健康保険適用外となる治療等)について
放送していました。
その1つは名称を『患者申し出療養制度』と言うそうです。
制度の良し悪しは別と致しまして、医術の進歩は
人にとって非常にありがたい事だと思います。
一方、治療にかかる費用や倫理的な問題は、いよいよ現実的
となってきています。
これら高額となるであろう保険外診療、個人的にはTPPにからんだ
一種の外圧政策のような気がします。

実態はどうであれ、効果的な治療は許容可能な支払金額であれば
誰しも受けたいと思うのではないでしょうか?
このような国の諸制度の変更により、金融商品を自身の希望や社会制度に
マッチングさせていくアドバイスが、これからますます必要となってくると確信しています。