今放送中の朝ドラ、と言えば【とと姉ちゃん】です。
今日の放送を見ていて、思い出したことがあります。
それは、雑誌に広告を出すか出さないか(まぁ、出してしまっているのですが
・・・)。
これでもめて、花山さんは出て行ってしまいます。
これは、約1年程前に放送されていた【マッサン】でも同様の場面が
描かれていました。
品質にとことんこだわるマッサンが、鴨居社長とぶつかって出て行ってしまう
件です。

この種の決断は、多かれ少なかれ生きていれば必ず出くわします。
ただ、経営者はこの決断によって、自身の家族はもちろん従業員やその家族
を路頭に迷わせることになりかねません。
ゴーイングコンサーンこそが、企業の究極の目的ですが、それを実現するためには
大小は別として、経営者の日々の決断が必要です。

そして、これらの決断を応援して、【ゴーイングコンサーン】の後方支援の一つに、株式投資があると私は信じています。
企業を存続させることは、そこで働く従業員や家族の生活を継続させていく事となります。
株式投資、すなわち進んでリスクをとっていく行動こそ、現在の日本に必要だと思っています。