思わぬ人気継続の【トランプ】。
そしてそれに伴う、トランプラリー。

この道はいつか来た道、思えば第2次安倍政権が発足したのは4年前の12月。
翌年(2013年)1月から株価は上げ基調となり、持たざるリスクが大いに喧伝されました。

そろそろ(天井か)~と市場で囁かれるようになっても、まだ株価は上昇を続けています。
ずっと上昇するのであれば、それはそれで良い事と思いますが、現実的にそうもいきません。

株式投資で実現益を得る、という事は保有株を売却する事によって初めて得られます。
まだまだ、儲かりそうなのに株を手放すのは惜しい・・・。
ただし、どなたも売るという行為無しに、利食いすることは叶わないのです。
株価反落、これがいつ来るか、それはもちろん私にはわかりません。

私が言える事は、格言通りに【利食い千人力】、とにかく利が乗っているのであれば
利益を確定させて、それから次の戦略を考えていく~そういう時期になっているのでは
ないかと、言う事です。