生命保険を含め金融商品全般を提案している者として、常に心がけている
事の一つに、保険(生命保険)の将来必要性に対する現在価値の
位置づけです。
例えばお客様が医療保険加入を検討するとします。
その際、実際に保険を利用(給付を受ける)する可能性、わかりやすく
言うと、元が取れるかを計算される事(方)がいます。
どれくらいの時間軸で考えるかによりますが、たいてい支払いに対して
期待したリターンは得られません。つまり払った保険料より何らかの原因により
受け取る現金が少ない、平たく言うと損する事となります。
そうすると、その分(支払う保険料)貯蓄して備えておけば、損をしない
と言う理屈が成り立ちます。
この場合加齢していっても、加入そのものを検討しない場合は別ですが、
一定年齢以上となり、自分自身の必要性が高くなってから加入を考える際は、保険の
将来価値がどうであるか、一考する必要があります。
つまり、危険度が高くなれば保険料も高くなるので、イタチごっことなります。

このことを想定せず、損得のみで検討する商品ではない~と言うことを
理解している必要があります。